やながせ裕文
大田区生まれの大田区育ちの35歳。
サラリーマン生活7年。
国会議員秘書として2年あまり。
東京都を「人づくりの街」にするために
新たな挑戦を決意!!
子育てを、みんなで
     徹底的にサポート!
教育の立て直しから、
     みんなで街を活性化!
ずっとこの街で暮らせる、
     安心がある!
やながせ裕文事務所

東京都大田区千鳥3-11-19 第2桜ビル3F
TEL&FAX 03-6459-8706

info@yanagase.org


qrcode
SPONSORED LINKS
<< 液状化した町 | main | 応急給水拠点 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

 大田区が準備してきた被災地支援活動が動き出しました。区民と区の協働で、緊急かつ継続的な現地支援ボランティア活動に取り組みます。第一弾としてボランティアを希望する方を募集しています。以下その内容ですので、ぜひご参加ください!

(活動内容)
宮城県東松島市での家屋内外の汚泥処理及び家屋内整理など

(活動日程)
平成23年4月14日(木曜日)から4月15日(金曜日)まで
平成23年4月21日(木曜日)から4月22日(金曜日)まで
平成23年4月26日(火曜日)から4月27日(水曜日)まで
それぞれ、1日目の夜に出発し(出発場所は区役所前を予定)、2日目は一日作業を行い、撤収後帰路へ(帰着は午後10時頃を予定しています)

(募集人員)
各回とも、約25名

(条件)
大田区内在住・在勤・在学で注意事項を守り、活動可能な方

(装備)
個人で用意してください
 作業着等(または汚れてもよい服で長袖、長ズボン)、ヘルメットまたは帽子、ゴーグル、ゴム長靴、ゴム手袋(厚手で長めなもの)、軍手、マスク、タオル、ヤッケなど、帰りの着替え、飲料水、食料(朝・昼・夜)、汚れた衣服を詰める袋など

水害ボランティア作業マニュアル PDF:196KB

(申し込み方法)
ボランティア登録シートに必要事項を記入の上、大田区被災地支援ボランティア調整センターに持参またはFAXでお送りください。
被災地支援ボランティアの案内チラシはこちら Word:30KB
ボランティア登録シート【現地支援用】はこちら Excel:32KB

(問い合わせなど)
大田区被災地支援ボランティア調整センター 

区民活動支援施設蒲田「micsおおた」2階多目的スペース(消費者生活センター2階)
〒144-0052
大田区蒲田五丁目13番26号101
電話:03-3735-3840
FAX:03-3735-3856

| 日記 | 23:31 | comments(1) | trackbacks(0) |
| - | 23:31 | - | - |
平日は仕事の関係で被災地支援ボランティアに参加しにくい方々が多いとかと思います。今後第2弾、3弾と継続的に行っていく中で、平日だけでなく、週末参加も可能な日程を組んで頂けたらと思うのですが。ご検討頂けたらと思います。
| Blythe | 2011/04/10 11:34 PM |









http://yanagase.jugem.jp/trackback/88