やながせ裕文
大田区生まれの大田区育ちの35歳。
サラリーマン生活7年。
国会議員秘書として2年あまり。
東京都を「人づくりの街」にするために
新たな挑戦を決意!!
子育てを、みんなで
     徹底的にサポート!
教育の立て直しから、
     みんなで街を活性化!
ずっとこの街で暮らせる、
     安心がある!
やながせ裕文事務所

東京都大田区千鳥3-11-19 第2桜ビル3F
TEL&FAX 03-6459-8706

info@yanagase.org


qrcode
SPONSORED LINKS
<< できることは全部やろう〜僕たちの役割〜 | main | 被災地に家電を送ろう!結果報告 >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
 【7月19日】
 4月には南相馬市、5月には気仙沼市に救援物資を運ぶ活動をしてきました。しかし最近は支援のニーズが掴みきれず、かつ都内の汚染問題が深刻化してきたため、いったんお休みの状態でした。そんななか、板橋区議会議員の中妻じょうた氏と出会い、彼が「ふんばろう東日本プロジェクト」の家電プロジェクト担当だということもあって話はとんとん拍子に進み、被災地に送る家電を急きょ集めることになりました。是非、多くの皆様のご協力を頂きたくよろしくお願いします!

(趣旨・内容)
自宅避難者には家電の支援がなく、生活に必要な家電が大変不足しています。また震災から4ヶ月経っても洗濯機もない避難所が存在しています。そこで、7/31〜8/1に宮城県石巻市で行われる年一度のお祭り「川開祭」に合わせて、配布する家電を募集することになりました。ご家庭で使用していない家電、新品を買って不要になった家電、買い換えようと思っていた家電などございましたら、掃除梱包して会場までお持ち下さい。

(受付日時)
平成23年7月24日(日) 11:00〜17:00

(場所)
東京都大田区下丸子1-5-19 小林運送(有)内

(受付品目)
□炊飯器
□洗濯機
□電子レンジ
□電気ポット
□冷蔵庫(2ドア、170L程度まで)
□地デジ対応テレビ ※アナログテレビ不可
□ドライヤー
□アイロン
□ミシン
□掃除機
□扇風機(年式が10年前までのもの)
□ホットプレート
□延長電源タップ


(家電寄贈時のご注意)
事前に故障なく使えるかどうかをご自身で確認し、きれいに掃除をしてから、お持ち込みをお願いいたします。
※受け取り後のチェックで電源が入らなかった場合には、恐れ入りますがお持ち帰りいただきます。

(その他)
・被災地への輸送費用などへの「ワンコインカンパ」(1口500円)もあわせてお願いしています。カンパだけして下さる方も大歓迎です!
・当日お手伝いをして下さるボランティアスタッフも募集しています!

(ご不明な点・お問い合わせ)
東京都議会議員やながせ裕文事務所
電話:03-5741-1512
メール:info@yanagase.org
| 日記 | 19:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
| - | 19:55 | - | - |









http://yanagase.jugem.jp/trackback/101