やながせ裕文
大田区生まれの大田区育ちの35歳。
サラリーマン生活7年。
国会議員秘書として2年あまり。
東京都を「人づくりの街」にするために
新たな挑戦を決意!!
子育てを、みんなで
     徹底的にサポート!
教育の立て直しから、
     みんなで街を活性化!
ずっとこの街で暮らせる、
     安心がある!
やながせ裕文事務所

東京都大田区千鳥3-11-19 第2桜ビル3F
TEL&FAX 03-6459-8706

info@yanagase.org


qrcode
SPONSORED LINKS

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
児童虐待が年々増え続けていることをみても、家庭での養育力の低下は明ら
かです。子どもはこの国の将来を担う大事な宝ということを再認識し、子育て
の社会化を図る。
待機児童をゼロにすることは勿論、病後児・休日・夜間・一時保育等、多様な
ニーズにこたえられるように環境を整備。
また、負担感の重い専業主婦が利用できる安価な保育サービスを提供。
| 政策 | 17:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
大田区の教育予算は品川区の半分(構成比)しかありません。
年々増加する公共事業費(約250億円)を、優先度の高い事業と低い事業に
仕分けし未来への最大の投資である教育予算にシフト。
また、街のみんなで運営するコミュニティスクールの導入を起爆剤として、
公立小中学校を「通わせたくなる学校」に再構築。
退職する団塊世代のパワーを借りて、地元住民・保護者・学校関係者の連携
から街を活性化します。
| 政策 | 17:11 | comments(1) | trackbacks(0) |
障害をもつこと、介護が必要になることは、将来誰もが抱えている不安。
財政状況が厳しいという理由で国が次々とサービスを切り捨てるなか、自治体間
で大きく格差が出始めています。
大田区を「ずっと住み続けることのできる街」となるように、安心できるサービス
を提供。
障害者自立支援法による負担増を、徹底して大田区がカバーする。
また、近年その可能性が指摘されている首都直下型地震への対策として、
耐震診断・工事への助成金や防災意識の啓蒙活動を強化します。
| 政策 | 18:09 | comments(2) | trackbacks(0) |